PMSの症状に悩んでいる

女性ホルモンが増えPMSの症状が起こっている

エストロモンを使うようになってから、すこし変化が起こっている。それが、いつもと違った症状が起こっている。これは、女性ホルモンが増えているからだと思いまず。

 

たとえば、頭痛、のぼせ、眠気、むくみ、肩こり、乳首の張りや痛み、だるさ、肌荒れなど、今まではあまり感じたことがないような症状、エストロモンを服用してから起こるようになっています。

 

これはPMSが大きく関係しているんだと思います。

 

症状が重い人もいれば、ほとんど何も感じない人もいるそうです。疲れていたり、ストレスを貯めていると、症状が強く出やすくなるそうです。
それから、ツラク感じる症状も頭痛や肩こり、眠気などの体の症状が強い人がイル一方、イライラや落ち込み、無気力などの精神的な症状が辛い人も怒ってしまうそうです。

 

生理前に少女ぐあ出て、生理が始まると治るのが一般的だと言われていますが、生理が始まっても、症状が数日続く場合もあるそうです。

 

エストルモンを服用し、女性ホルモンが体内に増えているからだと思いますが、これぞ女性らしい体になっている証だとは思う。

 

 

ページの上へ