発がん性の恐れはあるのか?

エストロモンの副作用とは?

一番多いのが、不正出血です。これはあくまでも女性がエストロモンを服用した場合の話ですが。
しかし、自然の反応なので心配はありません。補助療法を始めることで、エストロゲンで子宮内膜が増殖することで、定期的にプロゲステロンを服用し、出血を起こさせる、これが消退出血です。

 

他の副作用として、乳房が貼っていたい、下腹部が痛い、おりものがたくさん出て気持ちが悪い、無化無視して食欲が無いなども聞きます。

 

続けるうちに自然と慣れていきますが、気になる場合は薬の量を減らすといいかもししれませんね。未だに乳癌のリスクを心配する人もイますが、アメリカの臨床試験はリスクの高い被験者が対象で、得られた結果にデータは異なります。

 

正常の人が、エストロモンを服用しても、副作用で癌になることは殆ど無いとされています。ただし、過剰にエストロモンを服用すれば、それなりの症状は多る可能性はあるために注意は必要になると思います。

 

一番は、毎日のように決まった数字の量を服用し続けることが大事になります。

 

 

ページの上へ