エストロゲンの減少で起こる悩み

女性特有の悩み

女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌が減少することで痒みが起こってしまいます。
本来の膣の中にいる存在する細菌に感染しにくくする細胞を作っていたデーデルラインが減少することが原因です。すると、異常なほどのかゆみに侵されてしまいます。

 

エストロゲンが減少すると、膣の自洗作用が働かなくなり、さまざまな雑菌に感染しやすくなるのです。萎縮性炎症はこのような状態により膣に急激に増えて、雑菌のために炎症が増加してしまうのです。

 

更に、エストロゲンは膣を見だして厚くなった丈夫に保つ働きをしているのですが、これが減少することで、膣は分泌量が減って、乾燥しやすくなり、刺激にも傷つきやすくなります。そして、成功時の刺激などで出血し、痛みも起きやすくなるんですね。

 

性交痛もエストロゲンの大きな要因になるわけです。そのために、精神的な面だけでなく、外部のところでも、女性ホルモンをどれだけ維持させることは重要になると思います。

 

痒み、痛み、感想、こすれる、違和感、排尿時の痛み。

 

治療として、カンジタなどの菌、カビなどがイないかを調べる細菌検査を行い。ジェルタイプの服薬などを処方します。

 

 

ページの上へ