エストロモンの注意点

エストロモンを服用するタイミ

あくまでも更年期は、女性なら誰しも起こるわけではありません。平均的に50〜52歳に月経が閉経し、起こりやすいとされていますが、だからといって、更年期特有の「イライラ、不眠、憂鬱、頭痛、腰痛」などが必ず起こるわけではありません。

 

ホルモンが低下し、脳がうまくゆうことを聞かないことで起こるとことが更年期障害になります。そのために、更年期障害を抑制するために、エストロモンを服用します。

 

ただし、閉経前に更年期症状が現れて、エストロモンを受ける場合は不正出血が起こることも多いので、しばらくは定期的に軽い月経が来るようなら周期敵投与法がいいのかもしれません。まずは、事故判断ではなく、診察を受けること。

 

それから、低用量ピルを使用している場合は、ホルモン補助療法への切り替えは50歳をひとつの目安として切り替えておくこと。

 

でも、低用量ピルからホルモン補助療法に切り替えたら出血流が増えたなどのトラブルが有る場合もあります。そのため、低用量ピルを継続する場合もあります。ピルを飲んでいると閉経の時期のわかりませんが1週間の休業期間の最後の日に女性掘る音量を測り、女性ホルモンの状態をチェックします。

 

 

ページの上へ