エストロモンの効果

女性ホルモンを整えてくれる

私は、女性化のためにエストロモンを毎日のように服用しています。しかし、一般的にはホルモン補助療法である更年期症候群の治療法として使われています。

 

卵巣機能の低下により足りなくなった女性ホルモンを補う方式として、低容量ピルよりも若干少なめに黄体ホルモン、卵巣ホルモンを増やします。

 

遅くとも閉経後5年以内に始めることで、効果が期待できます。基本的には、ホルモン補助療法はエストロモンのように飲み薬が使われています。しかし、その他に貼り薬や塗り薬もあります。

 

それから、ホルモン補助療法には、ホットフラッシュや性交痛など、明らかにホルモンの不足が原因で起こる症状に即効性があり、よく聞きます。ホルモン補助療法でホットフラッシュが一気に良くなったからといって直ぐにお薬をやめてしまう人もイます。しかし、良くなったのはお薬で女性ホルモンを毎日のように服用することで、補っているだけで、お薬を止めることで元通りになります。

 

そのために、状態を見ながら薬を5年程度飲み続けること。
その後、終了するか、より弱いお薬に切り替えるかで更年期の症状も変わってきます。

 

それから、エストロモンは、こうつ粗しょう症や認知症、動脈硬化の予防にも効果が期待できます。女性の場合は、これから先の老年期の予防にも期待できます。

 

 

ページの上へ